災害時の対応

- 災害発生に備えて -
お子様が幼稚園にいるうちは、いつも保護者の方は連絡がつくようにしておいて下さい。
非常時には必ず「お迎えカード」(緊急用・4月配布)を持って迎えに来て下さい。
原則として、園庭けやきの木の前に避難しますが、状況により園外へ避難する場合があります。
公共の避難場所は県立上溝南高校ですが、避難者が多いとかえって危険ですので、出来るだけ備蓄品のある園または理事長自宅に留まります。

園の備蓄品は、園児をすぐに保護者へ引き渡しができない数名分の想定で、大量にはありません。
炊き出しの準備はありませんので、各ご家庭でしっかりと備蓄しておいて下さい。
流通が止まった場合、この地域の人口密度では10日分でも足りないでしょう。

園児のご家庭で帰宅困難者が出た場合や住居に被害が出て危険がある場合、園庭を避難所として開放することも想定しています。
ご自宅より園で共同生活をした方が良いと思われたら、ご遠慮なく園にご相談下さい。

- 地震の場合 -
相模原市で震度5弱以上を観測した場合、園からの連絡がなくても園にお迎えに来て下さい。
通園バスは送迎中でも地震発生時点で園に戻りますので、園に迎えに来て下さい。
「れんらくアプリ」にて一斉配信をしますが、通信回線の状態により配信されないことがあります。
相模原市が震度5弱以上でなくても、状況によってはお迎えをお願いします。

通信回線が使える場合はブログ、ツィッターを災害時掲示板として使用します。
尚、停電等で園の通信回線が使えない場合に備え、スマートフォンのテザリングでパソコンやタブレットを使用できるようにしてあります。(NTTドコモの回線です。)

翌日からの園の方針は「れんらくアプリ」、ブログやツィッターの更新および園玄関前や門口へ掲示します。

- 大雪や台風の場合 -
天気予報で予測ができる場合には前もって自由登園や休園にすることがあります。
登園後に事態が急変した場合には、メール配信にて対応をお知らせ致します。

- その他の不測の事態の場合 -
予測のできない突風や大停電の場合には、臨機応変に行動するしかありません。
日頃より念頭において生活しましょう。