10/28防災体制について(11/1追記)

3.11大震災以来、ことあるごとに園の防災マニュアルを改訂してきましたが、まだまだ明文化出来ていないことが多いです。遠足の日に鳥取大地震発生。もし外出先で災害に遭ったらどうするか…。

遠足、園外保育は園バスや貸し切りバスで出掛けますが、理事長は自家用車で行っています。いつからそうしているかは忘れましたが、主に怪我や体調不良者の対応を考えてのこと。また、経路に突発的な問題が発生した場合に自由に動けるように。しかし車では渋滞が発生した時点で自分も動けなくなるに決まっています。遠足の帰路で鳥取の緊急地震速報を見た時に、バイクで動くべきだと思い直しました。今まで怪我や体調不良での自家用車使用はないですし、必要になったら園バスかタクシーを使えば良いのですから。

今年は無線機を導入しました。電話では番号の呼び出しに時間がかかり、話せる相手は1件のみ。やはり集団では一斉に情報が回る無線機が良いです。こどもの国内でもバス移動中でも細かく連絡を取り合うことが出来て便利でした。

と言う訳で、今まで文章にしていませんでしたが、もし出先で災害に遭遇した場合には次のようになります。全園児が出掛けている場合と学年別行動の時とまた違って来ると思いますが。

・予定を切り上げて園に向かう。
・出来る限り園に近付いておく。
・この間に理事長がバイクで経路の確認をしながらバスに情報を伝える。
・園にたどり着けない可能性がある場合には、安全を確保できる施設に立ち寄らせてもらう。
・バイクで園とバスの往復ができれば、バスに物資を届ける。

保護者の皆さんもバイクを使える方はご協力をお願いしますね。

バスを使用しての主な園外保育、遠足の行き先
・県立相模原公園(〒252-0335 相模原市南区下溝3277)
・県立淵野辺公園(〒252-0229 相模原市中央区弥栄3-1-6)
・県立あいかわ公園(〒243-0307 愛甲郡愛川町半原5423)
・県立津久井湖城山公園(〒252-0153 相模原市緑区根小屋162)
・市立博物館(〒252-0221 相模原市中央区高根3-1-15)
・市立麻溝公園(〒252-0328 相模原市南区麻溝台2317-1)
・市立道保川公園(〒252-0243 相模原市中央区上溝1359)
・相模川ふれあい科学館(〒252-0246 相模原市中央区水郷田名1-5-1)
・多摩動物公園(〒191-0042 東京都日野市程久保7-1-1)
・こどもの国(〒227-0036 横浜市青葉区奈良町700)
・オギノパン(〒252-0154 相模原市緑区長竹2841)

 

11/1追記
トランシーバーを持って園バスで愛川まで一回り。
高田橋東側、愛川幼稚園前、オギノパン、あいかわ公園の各地点にて、バス無線から園に連絡を入れてみました。どこかは途切れるかと思いましたが、何と予想に反して全地点から届きました。さらに意外なことに、あいかわ公園からトランシーバーを試しましたが届きました。直線距離で10km程度なら届くようです。こどもの国から園バスの無線は届かなかったと思うのですが、間にある建物の影響ですかね。念のために自家用車にトランシーバー用のアンテナを付けておこうと思います。

関連記事

コメントは利用できません。